コミュニケーションのスキルをアップ!

サンプルは、コミュニケーション上達のきっかけになる

コミュニケーションが上手な人を見れば見るほど、
あなたのコミュニケーション能力を高めるきっかけになります。

こんなお話があります。

映像を繰り返し見ていると、自然とそれができるようになる。
テニス・野球・格闘技など、身体の使い方を繰り返し見る映像の中で
身体が記憶していきます。

それは聴覚も同じです。
実は、脳にはラーニューロンというものがございます。
ミラーニューロンは、目の前にあるものににていこうという性質があります。

どんな人達と付き合う人たちで人は変化しますが、
実は、ミラーニューロンが関係しています。

コミュニケーションにおいても同じことが言えます。
コミュニケーションが上手な人のそばにいることで、良い影響を受け、
学びが深まります。何よりも、自然にコミュニケーションのとり方が変化します。

もちろん、コミュニケーションスキルを具体的に、詳細に学んでいなければ、
学ぶ必要はあります。学んだ上で、コミュニケーションが上手な人や
コミュニケーションスキルに長けている人を見て・聞いて・感じることが、
あなたに影響を与えます。

つまり、あなたが学ぶことの出きるサンプルを見つけて、
その人と同じ環境に身を置くか、繰り返し学べる環境を作ることで、
コミュニケーション能力やスキルを高めることができます。

不思議なもので、繰り返して学んでいると、ある時に自然と使えたり、
使うことを意識できるようになります。そうして、何度も実践していくと、
気づいた時にはあなたの力となっています。

コミュニケーションの悩みはやり方を学ぶことで解決できる

やり方を学ぶと、問題・悩みは解決できる。

コミュニケーションに関する悩みをお持ちの方は、実は世の中に多くいらっしゃいます。
ですので、もしあなたがコミュニケーションや人間関係に関する問題・悩みを
抱えているとしても、大丈夫です。多くの方は、その問題や悩みを解決できます。

実は、世の中にコミュニケーションスキルを学ぶ講座などが多々あります。
そして多くの方が、適切なコミュニケーション講座でやり方・基本・原理原則を学ぶことで、
コミュニケーションや人間関係の問題・悩みを解決されています。

私たちは、日常的にコミュニケーションを取っていますので、
今さら、コミュニケーション講座で何を学ぶのか?と思う方もいるかもしれません。
それでも断言できることがあります。

しっかりとしたやり方・基本・原理原則を学ぶことで、変化を起こすことができます。

そこで具体的な例として、コミュニケーションを通して、
教育・文化・多くの人の喜びに貢献したいと考えている団体をご紹介します。
「日本コミュニケーション能力認定協会」です。

協会として、コミュニケーションに関するカリキュラムの提供を通し、
多くの人の精神的な豊かさ、人間関係の向上の支援を目的として活動している団体です。

日本コミュニケーション能力認定協会が提供しているカリキュラムには、
具体的なコミュニケーションスキルがありますが、
コミュニケーションスキルに自信をお持ちの方も、今は自信を失っている方も、
無理ないペースでレベルを高めることのできる講座になっています。

例えば、まったく料理を作ったことのない男性でも、
料理のやり方・基本・原理原則を学ぶと、まずは料理を作ることができるようになります。
それと同じで、もし、あなたが今、ご自身のコミュニケーション・人間関係に満足されて
いないとしてもご安心下さい。

やり方を学ぶことで解決できること、やり方を学んで活用することで得られるものは
確かに存在しています。まずは、そこから始めてもいいかもしれません。

参考サイトです。⇒ 日本コミュニケーション能力認定協会

親子関係も改善することができる

コミュニケーションスキルを身につけることで、
親子関係のわだかまりを取り除くことができます。

例えば、あなたが親子関係の問題を解消したいと考えているとします。
しかし、親子関係のこじれほど、感情的に強いものはありません。
結果的に、中々お互いに、一歩前へと歩み寄ることができません。

でも、親子関係の問題や、ねじれを解消したいという方は、
世の中に多々いらっしゃいます。一歩踏み出せない方が多いのは、
勇気の問題だけではなく、やり方を知っているかどうかの問題です。

つまり、コミュニケーションスキルの問題です。
しかし、ここでお伝えする内容は、コミュニケーションでの会話を円滑にするスキル
というよりも、相手の立場に立つスキルです。

相手の立場に立つことで見えることがあります。
NLPでは、コミュニケーションスキルの一つとして、相手の立場に立つこと、
客観的な第3者の立場に立つことを教わります。

それにより、相手の立場にっ立って、
心情を察し、相手の気持ちを理解し、感じ取ることができます。
それをNLPのポジション・チェンジといいます。

NLPのポジション・チェンジに素晴らしい点は、
相手の立場に立ちつつ、自分言いたいことをイメージワークの中で伝えることです。
その結果、親子関係での感情的な緩みが生まれ、向きあいやすくなります。

実際に、これ以上は親子関係がよくならないんじゃないかな~
とお話いただいていた男性・女性が親子関係を改善しています。
お伝えたいのは、「親子関係は改善できる」ということです。

人間関係は変わらないと本気で思っているなら

もしも、自分が人間関係を改善することはできないと思っているとしたら、
諦める前に是非、ご覧下さい、実はあることを知らないだけの可能性があります。

実は多くの場合、あることを知ることで人間関係を改善しています。
そのときに、自分には人間関係を良くすることも、コミュニケーションを取ることも無理だと思っていたけれど、実はほんの少しの違いでこんなに変わるんですね。というかたは多々いらっしゃいます。

人間関係やコミュニケーションと言えば、NLPのコミュニケーションスキルや
考え方はかなり使えます。中でも、NLPのコミュニケーションの中で
基本となるのが「ラポール」です。

もし、あなたが人間関係に悩んでいても、コミュニケーションに悩んでいても
ラポールを学び、実践することで、あきらかな違いを知ることができます。

ラポールというのは、コミュニケーションの相手との信頼関係をさしていますが、
その為に、相手との関係性を築くことを大切にしています。

関係性を築くとは、相手との心の距離感を近づけることであり、
相手が抱えているあなたへの不信感や違和感をより除くことです。

この状態を意識して、コミュニケーションスキルを使っていくと、
結果的に信頼関係を築けているということです。

重要なのは、相手との関係を意識することです。
その先に、本当の人間関係が待っています。

ですので、人間関係で悩んでいる方は、
まずは、関係性を意識したコミュニケーションを意識してみて下さい。
何があっても、関係性を意識することで、あなたのコミュニケーションスキルや
能力は変化しますので、諦めずに試してみて下さい、

そして、一度可能性を知ると、諦めるほうが困難になりますので、
まずはできることから行なっていきましょう。
そこにはあなたの新しい可能性が存在しています。

スキルを学ぶことで見えてくる可能性がある

今までの人生の中で、出来なかったことができるようになった瞬間。

そんな瞬間は、多くの方がお持ちかと思います。
その時、何を感じ、何を思い、どんなことを考えましたか?

恐らく、新しい可能性を肌で感じ、頭の中でも感情的にも、
前に進んでいく前向きさや、期待に胸を膨らませたのではないでしょうか?

実は、コミュニケーションスキルも同じです。
仮に今、あなたがコミュニケーションや人間関係で悩んでいるとしても、
その悩みは解消できます。

コミュニケーションや人間関係の悩みを解消した時、
または、解消するプロセスで、新しいあなた自身と出会うことができます。
簡単に表現するなら、悩んでいた自分から自身のある自分へ変化します。

そんなことが可能なのか?
人によっては半信半疑かもしれません。しかしそれが可能です。
その為の第一歩は、具体的な方法を知ることです。

具体的な方法とは、コミュニケーションスキルを学ぶことです。
多くの場合、コミュニケーションや人間関係が上手くいかないのは、
具体的にうまくいく方法を知らないことです。

料理のレシピのように、これとこれとこれをこの順番に入れると知っていると
まずは行動できます。そして、これとこれとこれが、なぜ大切で、どうしてそうするのかを
学びます。すると、うまくいく方法だけでなく、「これをやると上手く行かない」
という方法まで分かります。

つまり、コミュニケーションスキルを身につけることで、
コミュニケーションや人間関係を良くする方法や、相手との関係を悪くする方法を学べるのです。
このように両極のポイントを知ることで結果を出しやすくなります。

コミュニケーションスキルは向上する②

コミュニケーションスキルは高めることができる

前回の続きですね。
コミュニケーション能力やスキルは高めることができます。
その為に必要な3つの要素は、

1、適切なスキルを学ぶ(スキルと理屈)
2、実践する
3、実践の中から学ぶ

ということで、1番についてお話をしました。
今回は、2番目・3番目についてお伝えします。

2、実践する

当たり前なのですが、実践が重用です。
そして、どうしてその行動を取るかも明確にすることも大切です。

そして、実践する際のポイントはテーマを決めることです。
実践するとしないとでは大きく違いますが、
テーマを決めて実践するか、テーマを持たずに実践するかでも
大きな違いがあります。

大きな違いとは何か?ということですが、
コミュニケーションスキルを活用しての学びが深まります。
(こうすると上手くいいった、こうしたら上手く行かなかったなど)

3、実践の中から学ぶ

これは2番にも関係していますが、
実践から学ぶことでコミュニケーションスキルを高めることができます。
それは改善点が明確になるからです。

一回の実践が上手くいても上手く行かなくても、
何かしらの学びと改善点を生み出します。

そして、得た学びと改善点を元に実践することで、
更に新しい学びや改善点が見つかります。

これはコミュニケーションスキルを実践していく中でしか分かりませんが、
実践すればするほど、実践における知恵がついてきますので、
いろいろなケースや場面で活用することができるようになります。

例えば、NLPセミナーで傾聴を学ぶとします。
そして傾聴をいろいろな場面で意図的に実践することで、明確に学びや改善点が生まれます。
それが私達の財産になります。

コミュニケーションスキルは向上する

基本に戻って、コミュニケーションのスキルを高めるためには、
何が必要かということを一緒に学んでいきましょう。

実は、コミュニケーションスキルを向上させるのは、
時間的な個人差こそあれ、基本的に誰もが可能です。

では、コミュニケーションスキルを身につけるための
成立要素を見ていきましょう。
(ここでは、メンタル的な要素は取り除いています)

1、適切なスキルを学ぶ(スキルと理屈)
2、実践する
3、実践の中から学ぶ

この3つです。

では、3つを解説していきます。

1番は、適切なスキルということですが、
しっかりと基本を学ぶことで、クリアできます。
この時に、ポイントはしっかりと押さえます。

もちろん、コミュニケーションの上級なスキルも
今回お話する原理が当てはまります。

そして、1番の中にある理屈です。
どうして、コミュニケーションスキルが有効なのか?
ということを学ぶ時、人の心の動きが大切です。

人が人を信頼したり、違和感を覚えたり、
仲良くなる時には、そこに心の動きがあります。

・どんな時に心の距離が近づくのか?
・どんな時に心の距離が開くのか?
・何をすると感情が動くのか?

などを知るほどに、コミュニケーションスキルを効果的に使えます。
その原理を知れば、少し工夫は必要っですが、業種や職種に関係なく、
有効に活用することができます。

ですので、1番のスキルと理屈ですが、
両方大切です。

長くなりましたので、

2、実践する   3、実践の中から学ぶ
に関しましては、次回に一緒に学んで行きましょう。

テーマを持って使うことで、レベルが高まる

工夫して使うことで、同じコミュニケーションスキルでも、
いろいろな場面での活用が可能になります。

具体的には、コミュニケーションスキルを学ぶ際に、
大体の場合は、ある特定の側面からしか学びませんが、
(基本を学べることと、混乱を避ける意味でベストですが)
実は、それ以外にも活用の仕方は様々です。

では、どうしたらコミュニケーションスキルを
今以上に高めることができるのでしょうか?

一つには、コミュニケーションスキルには、
このような使い方もあるんだ~ということに気づくことです。
その為には、コミュニケーションセミナーなどを再受講する、
書籍などでスキルを研究する、いろいろな活用事例や
成功談失敗談を聞くことです。

そこから、直接学べることや、
なるほどそうかと気受けることが出てきます。
それが更に新しい気づきやアイデアを生み出します。

そして、自らが工夫することも大事です。
ある女性は、通常のコミュニケーションにおいては問題なく使っていましたが、
仕事だとどうなるかを検証しました。なぜならば仕事で結果を出すためです。

ケーキ屋さんのレジで、ほんの少しのやり取りの間に、
コミュニケーションスキルを使って、どれだけ絆を作る
事ができるのかを試して行きました。

もちろん、1回の来店とレジでのやり取りでは、絆は生まれません。
段階的な変化を経て、絆は育まれていきます。

では、使っていく中でどうだったか、短時間のやり取りでも
心地良いということで、好感を頂き、人間関係を深めて、話もするようになりました。
そして、「あの店は味も美味しいけどあの店員さんがいるから買いに行くの」

という嬉しい言葉で頂くようになったそうです。
仕事をしていて楽しい瞬間をコミュニケーションスキルが
生み出した例です。

どうしてこのスキルを使うのか?

コミュニケーションスキルの意味を知る

あなたがコミュニケーションの際に使っているスキルですが、
実は、どうしてそういう行動を取るのかという理由があります。

例えば、NLPのコミュニケーションで有名な
ペーシングをイメージしてみましょう。

NLPのペーシングとは、相手の
話し方・声の状態・呼吸・信念・価値観に
合わせて行くことで、信頼関係を築く為のスキルです。

しかhし、ここで疑問に思っていただきたいのですが、
どうして、合わせるのでしょうか?
また、どうして、相手に合わせなければいけないのでしょうか?

また、NLPのコミュニケーションスキルのバックトラッキング。
相手の言葉を繰り返して、信頼関係を築くためのスキルです。

しかし、どうして信頼関係を築くために、
相手の言葉を繰り返さなければいけないのでしょうか?

このように、コミュニケーションスキルを使う時に、
その裏側には、どうして効果的なのかという考え方が存在しています。
その考え方に触れ、学ぶことで、あなたのコミュニケーションのと取り方が変わります。

具体的には、ペーシングで、
相手にペースを合わせる時は、合わせることで、
無意識レベルでの安心感が重要であると知ることで、
安心感を与える為には、どうしたら良いかと考得ることができます。

すると、コミュニケーションスキルとしてのペーシングは、
「どうしたら、相手は安心感を感じるか」
「どうしたら、相手は安心してコミュニケーションを取れるか」

という視点に変わります。
そして、その考えから、行動や工夫が生まれます。

ですでの、コミュニケーションスキルの基本と、
根本にある考え方を学ぶことで、
あなたのコミュニケーション能力は高まります。

聞く技術を高めることで、得られること

聞き上手になるということには、次の意味があります。

1、コミュニケーション相手と仲良くなることが出来る
 ⇒心の距離を縮めることができる

2、相手のことを知ることができる

そして、聞き上手になっていないということには、
次にような現実を作り出しています。

1、聞き上手だったら、仲良くなることができる相手と
 仲良くなること無く関係が終わっている。

2、相手がどんな人かを知ることが出来ない。
 つまり、相手が何に喜びをどうして感じるのか?
 何に怒りをどうして感じるのか?ということがわからないことで、
 もと仲良くなる機会を生かせません。

このように、コミュニケーションスキルを身につけて、
聞き上手になるかどうかは、大きな違いを生み出します。

もちろん、もともとの自分と同じ結果だから問題ないという方は、
このお話には関係ないのですが、もしも、自分を変えたい、
コミュニケーションスキルを身につけて、人間関係を変化させていきたい。

とお考えの方にとっては、聞き上手になるためのコミュニケーションスキルを
身に付けることで、人生に喜びや出会い、豊かさを得ることができます。

そして、その為に使えるコミュニケーションスキルの名前が、
NLPセミナーなどで学ぶこtポイントのできる「傾聴」という、
聞き方のスキルです。

NLPセミナーで「傾聴」を学ぶことで、営業成績が上がった方や、
人の気持ちが分かるようになた方など、様々な例があります。

もしも、もっと人生のあらゆる面での向上を求めているかたは、
NLPの傾聴を始めとして、コミュニケーションスキルを身につけることは、
大きな意味があります。

次ページへ »